予約のとりやすい脱毛エステはココ!

毛は邪魔者

わたしは毛深いことがずっと嫌でした。男子にいじめられた理由も毛深いのが理由でした。そして、私は気がつきました。たとえちょっと顔がおぶすでも、少しくらい太っていても、ファッションがおしゃれだと人は輝いて見えると。そうして、私はファッション関係の専門学校にいき、人からはおしゃれだと言われるようになりました。
けれど、いくらおしゃれだとはいえ、おしゃれな服からみえる腕や脚にはどうしても目がいってしまいます。色が白い肌に黒い毛はいただけません。シルクやシフォンの薄いブラウスからみえる黒々とした毛。ミニスカートからのぞくボーボーの毛では、おしゃれも台無しです。
毎日そっていますが、そりわすれた日は最悪です。一ミリほど出てきた毛はとがっていて人に触れたら最悪です。
この毎日の腕そり、足そりから、解放されたらどんなに楽でしょうか。絶対に永久脱毛して、思う存分手足を見せておしゃれをしたいです。
おしゃれと呼ばれるようになった今、あとは毛。これさえなくなれば完璧なのです。